HSプロテインスキマー用ポンプの新旧の違い

2018.08.29 Wednesday

0

    皆さんこんにちは。

     

    今回はHSプロテインスキマー・ポンプの新型と旧型の、

    見分け方についてご説明させていただきます。

     

     

    まずはじめに、パーツに新旧がある部品は下記の3点になります。

    ・モーターブロック

    ・インペラー

    ・吸水口パーツB (インペラーカバー)

     

     

    インペラーの新型と旧型の違い

     

    <旧型インペラー>


     

    旧型インペラーは、シャフトを固定する赤いゴムが小さく、

    シャフトが抜ける仕様となっております

      

    <新型インペラー>


     

    新型インペラーは上下のゴムが一回り大きく、

    プラスチックとの二重構造になっており、シャフトと

    インペラーが一体型になっています。

     

    インペラーシャフトを固定するゴムサイズが異なるため、

    ゴムを固定するポンプ本体と、吸水口パーツBの変更も必須となります。

     

     

    ポンプ、吸水口パーツBの違い

     

     

    わかりやすい画像はこちら

    ゴムをはめ込む箇所の形状が異なります。

     

     

     

    新型と旧型のパーツには互換性がございません。

     

    旧型の交換パーツの在庫は、一部終了している商品もございますので、

    この場合は新型パーツへの交換をお願いしております。

     

     

    旧型から新型ポンプへ切り替える場合は、

    ・モーターブロック New

    ・インペラー New

    ・吸水口パーツB New

    の3点をご購入ください。

     

    上記以外のパーツは、そのままご使用頂けます。

     

    下記併用可能パーツ。

    ・排水口パーツA or B

    ・吸水口パーツA

    ・吸水口パーツC

    ・モーターマウント

     

    商品名は下記をご参照ください。

     

    上記でご不明な点がございましたら、弊社ームページのお問い合わせをご利用ください。

     

    フラットワームX使ってみました。

    2018.08.14 Tuesday

    0

      皆さんこんにちは。

      お盆中ですが、MMC企画はひっそりと営業しております。

       

      今回は、先日発売致しましたフラットワームXを実際に使ってみたので、

      どれぐらい効果があるのかをご紹介を致します。

       

       

       

      まず該当のサンゴを水槽から取り出し、フラットワームXの水溶液に浸けます。

       

       

      水溶液に浸けて10分後

       

      ヒラムシ拡大画像

       

       

      上の画像を見ていただくとわかるように、サンゴについていたヒラムシが、かなりの量落ちている事がわかります。

       

      ヒラムシが繁殖してしまうと、見た目も悪いですが、サンゴにダメージを与えてしまうため

      定期的な駆除が非常に大切です。

      定期的な駆除をしつつ水質改善を行い、ヒラムシが出にくい環境を作ることが大切です。

       

      サンゴだけではなく、ライブロックのクリーニングにもご使用頂けますので、

      これを期にご使用してみてはいかがでしょうか。

       

      新ブランド「ROSSMONT」

      2018.08.10 Friday

      0

        みなさんこんにちは。

         

        今回はエムエムシー企画で新しく取り扱うことになりました、

        ROSSMONT(ロスモント)に関しまして、ご紹介致します。

         

        まずはROSSMONTの商品紹介を行っている下記動画をご覧ください。

         

        ※設定から字幕-日本語を選択してください。

         

         

        今回日本で販売するモデルは

        Mover4600/7200/11600 の3種類になります。 

         

        動画内にも紹介しておりますが、別売しているWaverを使用することで、

        最大2台のMoverをコントロールすることができます。

         

        商品の詳細はこちらからご覧ください。

         

         

         

        Waverのコントロール機能の凄いところは、たくさんありすぎてすべてを書くとかなり長くなってしまうので、

        特出しているところを箇条書きで紹介します。

         

        -------------------------------------------------------------------------------------------------------

         

        1, 時間ごとにCH1、CH2それぞれのポンプのパワー調整ができる。

         

        2, 時間毎のパワー設定が面倒な場合は、モード設定だけで自然の水流ができる。

         

        3, 間欠運転ではなく、常にポンプは稼働したまま水流の強弱で波立たせることができる。

        (ON,OFFではないためポンプの負荷がすくない。)

         

        4, タップ波設定は、画面をタップしたスピードでポンプが同じように可動する

         

        ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

         

        アプリ設定画面

        上の画像は、CH1(折れ線グラフ)が時間毎のパワー設定で稼働し、CH2が時間ごとに異なるモードで稼働する設定になっています。

         

         

         

         

        遊び心をくすぐられるタップ波の設定は、下記動画をご覧ください。

         

         

         

        いままでではできなかった設定が盛りだくさんの、このウェーバーを使って、

        より自然の海にちかい複雑な水流を設定してみませんか!?

         

         

         

         

         

        新商品発売!!

        2018.08.07 Tuesday

        0

           

          こんにちは。

           

          今日は先週末発売となりましたZOOXの新商品、

          「コーラルセーフ」&「フラットワームX」をご紹介!

           

          ・コーラルセーフ

           

          サンゴやライブロックを新しく水槽に迎える時、自然の物ですので、

          どうしても好ましくない付着生物や細菌類等が混入してしまう場合がございます。

           

          そんな時に大活躍すること間違いなし!

          可能な限り、細菌や付着生物(ウミケムシ、ウミウシ、貝類、海藻など)を処理します。

           

          もちろん自宅水槽内のサンゴやライブロックのクリーニングや、

          フラグを作る時のDip用としても非常に効果的です!

           

           

          ・フラットワームX

           

          ミドリイシやナガレハナサンゴなど様々なサンゴに付着していることがあるフラットワームですが、

          1度現れたらすぐに増殖し、せっかくのキレイなサンゴも見た目が悪くなります。

          それどころか、放置すると白化の原因になる場合もあります。

           

          ガラス面や他のサンゴ等、広範囲に蔓延してしまう前に早期発見、処理する事が重要です。

          フラットワームXならサンゴに傷をつけないように効率的に処理することができます!

          手遅れになる前にもう1度、自宅のサンゴをよく観察してみてください。

           

           

          「コーラルセーフ」、「フラットワームX」サンゴを大切に育てるためにぜひご活用ください。

           

          詳細ホームページはコチラ↓↓

          http://aqua.mmccorp.jp/item/maker/zoox/remove.html

           

           

          リーファーの自動給水システムの掃除方法

          2018.07.23 Monday

          0

            こんにちわ。

            暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

             

            最近リーファーの自動給水システムに関しての問い合わせがかなり多いので、

            よくある問い合わせとその解決方法をご紹介致します。

             

             

            Q1、フロートから水が出てこない

             

            この問題は、チューブや各部品にホコリ汚れや

            塩の結晶などが詰まっていることがほとんどです。

             

            下の画像のように、各部品の汚れが詰まりやすい箇所を、つまようじやピンセットを使って清掃してください。

             

             

             

             

            Q2、調整バルブから水が漏れてくる

             

            こちらの問題は、調整バルブの内部にあるパッキンがネジれてしまって、

            ネジ山から水が漏れてしまう現象です。

             

             

             

             

            ゴムパッキンが平行に綺麗に入るように気をつけてください。

             

             

            それ以外に考えられる原因としては、フロート自体がカルシウムなどで固着し、

            動かなくなってしまうなどが考えられます。

             

            この場合は、手動でフロートを軽く動かし、

            ブラシで清掃してください。

             

            その他の原因がまたわかりましたら、こちらでも追記していきます。

             

             

             

            事務所水槽のご紹介!

            2018.07.20 Friday

            0

              みなさんこんばんは。

               

              今回はエムエムシー企画の応接室に設置している、シェル2のご紹介を致します。

               

               

              発売当初に設置し、もうすぐ1年を迎える水槽になります。

               

              みなさんもご存知のように、シェル2の設備は、

               

              オプティマス・リーフナノ(照明)

              オルカスキマーミニット2(スキマー)

              メインDCポンプ

              ろ材&ケース

              スポンジ

               

              になります。

               

              もともと付属している設備でも、サンゴの調子はかなり良い状態をキープしています。

              正面のトサカや左下のスターポリプは、大きくなりすぎて何度かカットをしています。

               

               

              サンゴ飼育を初めたいけど、なにを揃えればいいかわからない

              サンゴは難しいそうで手を出しにくい

               

              などなど、サンゴ飼育を始めたいけど悩んでいる方にオススメです。

               

              暑い日が続きますが、こんな時こそ水槽を見て涼みましょう!

              それでは今日はこのあたりで。

              バイタリスフードに関してのお知らせ。

              2018.06.08 Friday

              0

                現在販売をおこなっているバイタリス・フィッシュフードですが、

                Sサイズに限り、メーカーでの製造が困難になったため、今後の入荷が

                見込めない状態となってしまいました。

                 

                該当商品

                ・マリンペレットSサイズ 120g

                ・プラチナマリンペレットSサイズ 120g

                ・アルジーペレットSサイズ 120g

                 

                今後のSサイズの製造は不透明ですが、販売は現在庫のみとなりまして、

                ご使用頂いているお客様には、ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません

                 

                XSサイズの販売は今後もおこなっておりますので、

                代替えフードとしてご使用いただけます。

                 

                今後の製造に関して進展がありましたら、またご報告いたします。
                 

                << | 2/17PAGES | >>